一定期間更新がないため広告を表示しています

昔からついカッとなるとダイソーやらセリアやらで紙類を買ってしまいがちです。
最近控えるようにはしてるんですが。

以下ダイソーで買ったノートと万年筆類のインクのノリ方とか裏写りっぷりを写真で撮ったので貼っておきます。
モンブランインクはたまに弾かれるようなノリがイマイチな紙がありますね。









うん、すまない。写真だけ載せて放置していたら詳しいことは忘れてしまったんだ。
雰囲気だけ感じ取って欲しい。
案の定かなりの間が空きましたが何事もなかったかのように文房具記事投稿です。
そういえば『文房具』というカテゴリの他に『万年筆』というカテゴリを作りました。
単独で数が多いからなんですが一般的なお高い万年筆は持っていませんという相変わらずの残念感。



そんなこんなでプラチナのプレピーです。
お高くないどころか、きちんとした万年筆の機構を持つペンとしては恐らく最安値ですね。
とはいえ機能的にはインク突っ込んで1年間放置していても(キャップさえきちんと装着しておいていれば)書ける、という万年筆としてはチート級の性能を持っています。
書き味も良いですし、インクが出すぎるということもなく、たった200円ちょっとで万年筆が手に入るなんて信じられないというレベルです。
安いので例え壊してもダメージが少ないので、万年筆初心者だけど興味ある、という人には自分はまずコレをオススメしてます。
見た目がチープなのは気になるという方は、値段はちょっと上がりますがプレジールという同等の性能のもあるのでそちらを是非。

さて、そんなプレピーですが、自分は画像の通りブルーブラックの0.5とグリーンの0.3を所持しています。
最初に買ったのが0.5で、使ってみてかなり良かったので0.3も買うに至りました。
個人的には太めの線が書ける方が好みなのですが、手帳とかに書き込むのであれば0.3でしょうねぇ。
両方の太さを持っているのはとりあえず両方試したかったからです。

で、このプレピー(プレジールも)はペン先に色がついているのですが、使っていると色が剥がれてきます。
自分も先に使っていたブルーブラックが剥がれて大分残念な見た目になったので引っぺがしてみました。

こんな感じに。

これで見た目は普通の万年筆のペン先になっただけなんですが、何が起きたのかきれいに色をはがしてからペン先が乾くようになってしまって難儀しました。
カートリッジ1本か2本使い終わる頃には普通の感じに戻りましたが。水とかは使ってないんですけどねぇ。
ので、コレ見てるプレピー使用者の皆様には色剥がれてきても無理に取らないことをオススメします。
個体差の類かもしれませんが自然に剥がれるのを使いながら待った方が間違いないかと。
(追記:最近のはペン先にカラーフィルムが付いてないっぽいですね。同様のことがあったのだろうか)

何だかんだでブルーブラックの方とはもう7年くらいの付き合いになりますが、インク漏れやキャップやボディが割れたりということは全くないです。
プラチナのブルーブラックが青過ぎず黒過ぎずな好みの色合いなのもあって、ブルーブラックは一番使っている気がします。