一定期間更新がないため広告を表示しています

本日の文房具はSTAEDTLER®のトリプラス テキストサーファーです。
まあ要するに蛍光ペンなんですが。

STAEDTLER®というのはご存知の方はご存じでしょうが、ドイツの文房具メーカーです。日本だと文具コーナーよりも製図用品でよく見かけるメーカーかも知れません。
現在の形の鉛筆を(記録上)最初に発明したのがステッドラー創業者の先祖なんだそうです。
まあ最初に買った当時は単にペンが気に行っただけでメーカーの事なんて全く知らなかった訳ですが。

そんな話は置いておいて、ペンの説明を。

見た目の特徴としては一般的な蛍光ペンより細身でちょっと長めなところですかね。一般的な蛍光ペンとはキャップ一つ分近く長さが違います。
あと軸が三角形をしています。
しかし(自分が考える)このペンの最大の特徴はペン先です。

左側がトリプラス テキストサーファー、右側が(窓付いてますが)一般的な蛍光ペンのペン先です。
テキストサーファーのペン先がフェルト式の筆ペンなどのようになってるのがお分かり頂けるかと思います。似ているのは形だけで筆ペンの様に柔らかくはないのですが。
このペン先が何故か無性に気に入って昔から愛用しています。
ペン先を立てて細くしてアンダーライン引いたり、寝かせて太く文字の上に線引いたりしています。
冷静に考えてみたらそんなことは普通の蛍光ペンでも出来るしむしろ使いにくいんじゃないかと思うんですが、まあ気に入ったものは仕方ない。

仕事では多種の蛍光ペンを使う必要があるので他のメーカーの蛍光ペンも使っているのですが、勉強に使うのは専らコレです。
教科書の様な水性インクを比較的はじきやすいような紙でも安定してインクが乗ってくれる…ような気がします。
難点を言うなら割と手に入りにくいことですかねー。
今は比較的色んなお店に置いてありますが、昔は中々手に入らなくて渋々他の蛍光ペンを使用していることもありました。

自分はオレンジ以外買った事がありませんが、インク色は他にイエロー・ピンク・グリーンがラインナップとして存在しています。ステッドラーの蛍光カラーはこの4色が定番な様子。

同じ長さ、ペン軸の形をしたカラーペンや細書きペンもありますが、愛用しているのはコレだけです。
何故だかは自分でもよく分かりません。
<<prev entry | main | next entry>>